ハローストレージのバイク収納!必要なサイズ・費用は?盗難は大丈夫!?

荷物だけでなくバイクの収納もできる『ハローストレージの屋外コンテナ』

とはいってもトランクルーム自体まだまだ一般的ではありません。バイク収納に使ってみたいけど不安のほうが大きいという方が多いんではないでしょうか?

「どのサイズを借りればいいの?」
「費用はどれくらい?」
「コンテナなら本当に盗難を防げる?」

など気になることも多いかと思います。

ポンさん

たしかに気になることが多いかも
このページではそんな悩みを解決していくよ。

コンさん

なんとなくで契約をしてしまい後で後悔したという人もいるので、このページを読んでハローストレージ』のバイク収納はどういったものなのか知っていただければ幸いです。

ハローストレージ公式サイト

ハローストレージのバイク収納は3種類

まずは3種類あるバイクの『収納タイプ』を簡単に紹介していきます。

一般コンテナ
(屋外コンテナ)
バイクBOX
(バイク専用)
本来は荷物用のコンテナですが、バイクを収納してもOK!様々なサイズから選ぶことができます。 サイズは主に
幅110~130cm
奥行250~270cmと決まっています。店舗によってはコンテナの形状が異ります。
【月々の料金】 【月々の料金】
1万円~2万円程 1万円~2万円程
バイクパーキング
(屋外駐車場)

屋外の駐車場タイプ。写真のようにポールが設置してあるの為、チェーンと繋いで『地上ロック』も可能です。※一部店舗に屋内駐車場もあり。
【月々の料金】
3千円~5千円程

ポンさん

色んな種類があるんだね。
まずは家の近くに店舗があるか見てみるといいかな。収納タイプも確認できるよ。

コンさん

一般コンテナはラダーレール(バイクスロープ)が必要

バイク専用の『バイクBOX』は下の写真のように、コンテナと地面の段差を解消するスロープが付属されています。

しかし、一般のコンテナはスロープが付いていない為、『自前で用意もしくはレンタル』する必要があります。

ハローストレージは月額324円でレンタルもできるよ。

コンさん

参照元:ハローストレージ

一般コンテナでの『ラダーレールの使い方』はハローストレージ公式のYouTube動画を参考にしてみてください。

バイク収納に必要なハローストレージのコンテナサイズ

一般コンテナにバイクを収納する場合は、サイズ選びも重要になってきます。

MEMO
バイク専用のバイクBOXは基本的に2帖サイズで幅:110~130cm、奥行:250~270cmと決まっています。

ポンさん

じゃあバイクBOXを借りるなら特に気にしなくていいんだな。
そうだね。一般コンテナを借りる場合はサイズに注目だよ。

コンさん

一般コンテナでのバイク収納目安は1.5帖~3帖。ただし注意も必要!

一般コンテナにバイクを収納する場合は、ただ単にコンテナに収まればいいとうわけではないので気をつけてください。

なぜかというと、一般コンテナはラダーレールに乗せた後にバイクを押しながらの入庫になるからです。ですのでバイクがギリギリ収まる幅では入出庫が困難になってしまいます。

また、公式サイト記載のコンテナサイズは内寸を表していてシャッター幅とは異なります。

一般コンテナの寸法
公式サイト表記
幅×奥行×高さ
(内寸)
シャッター幅
(開口部)
1.5帖タイプ 115×230×230(cm) 89(cm)
2帖タイプ
145×230×230(cm)
102(cm)
3帖タイプ
190×230×230(cm)
150(cm)

サイズ的には1.5帖で大半のバイクを収納できますが、実際にはバイクを押しながらの入出庫になるので、バイク幅にプラス30㎝程の余裕がある2帖以上が最適です。

ハローストレージでのバイク保管費用

ポンさん

実際に借りるとなると費用はどれくらいかかるの?
そうだね。じゃあ具体的な料金を計算してみよう!

コンさん

コンテナタイプとバイクパーキング(屋外駐車場)では初期費用が異なるので、それぞれ別に説明していきます。

ハローストレージ屋外コンテナ、バイクBOXの費用

初期費用と月々の料金をご紹介します。

コンさん

契約時に必要な初期費用
月額料の前払い 初月+翌月分の月額使用料(初月分は日割り)
月額管理費の前払い 2,200円×2(初月分+翌月分)
事務手数料 月額使用料の1ヶ月分
鍵代 4,400円
安心保証パック(任意) 550円
※例)月額使用料1万円のコンテナを月初め1日に契約した場合、39,370円が初期費用として必要。
毎月の料金
月額使用料 1万円~2万円(目安)
月額管理費 2,200円
安心保証パック(任意) 550円
安心保証パックとは?

加入することで以下の内容が無料になります。

  • 解約時の室内整備料8,640円が無料
  • 部屋を変更する際の事務手数料が無料
  • 鍵の再発行が無料

見積もりは公式サイトで簡単に出すことができるので、気になる方はどれくらいの料金がかかるのかチェックしてみてください。

ハローストレージ公式サイトはこちら 

店舗詳細ページで見積もりをクリックすればOKだよ。

コンさん

ハローストレージバイクパーキングの費用

初期費用と毎月の料金です。

コンさん

契約時に必要な初期費用
月額料の前払い 初月+翌月分の月額使用料(初月分は日割り)
事務手数料 月額使用料の1ヶ月分
※例)月額使用料5,000円のコンテナを月初め1日に契約した場合、1,5000円が初期費用として必要。
毎月の料金
月額使用料 3,000円~5,000円(目安)
月額管理費 0円

防犯性能はコンテナより劣りますが、ほとんどの店舗にポールが設置してあるので『地上ロック』はできるようになっています。

ハローストレージ公式サイトはこちら 

ハローストレージのコンテナでバイクが盗難されることはないのか?

やはり一番心配なのは「本当に盗難は大丈夫なのか?」ということです。

コンテナに施錠がしてあるとはいえ、鍵を壊されてバイクを盗まれてしまわないか心配になりますよね…

ポンさん

そうそう、それだよ。本当に大丈夫なのか?
路上や駐輪場に置くよりは断然防犯性は高いよ。

コンさん

ネットやSNSでもハローストレージのコンテナでバイク盗難にあったという話を聞いたことはありませんが、もちろん100%安全というわけではありません。

しかし、コンテナ内部は見えず窃盗犯側は『車種が特定できない』『そもそもバイクが入っているかわからない』といった状況の為、盗難のリスクを大幅に減らせることはたしかです。

また、コンテナのカギも防犯性の高い『Yaleの南京錠』を使用しています。

つるカバー付きで、切断などに高い効果を発揮。
ボロン鋼を用いた固いつるで、高い耐久性を実現

引用:東邦金属工業株式会社

ハローストレージでバイクを安く保管する方法

ポンさん

バイクを安全に保管できるとはいえ、毎月となると結構お金かかるよな。
できれば”キャンペーン対象のコンテナ”を借りたいところだね。

コンさん

ハローストレージは一定期間の間だけ『月額使用料が半額になるキャンペーンがあります。全ての店舗ではありませんが、多くの物件が対象になっています。

コンテナサイズ1.5帖、月額使用料10,000円の物件ではどうなる?

※キャンペーンは「先着5名まで」「3ヵ月以上利用される方」などの条件があります。詳しくは公式サイトで確認してみてください。

ハローストレージのバイク収納まとめ

  • 収納タイプは3種類
    (一般コンテナ、バイクBOX、バイクパーキング)
  • バイク収納には2帖以上が最適
  • 一般コンテナはスロープが必要
  • キャンペーンがお得

レンタルコンテナは一度埋まってしまうとしばらく空きが出ないことも多いです。

人気の店舗は「空き部屋が全然ない」なんてこともあるので、気になる店舗は早めにチェックしておいたほうがいいですよ。

ハローストレージ公式サイトはこちら 

契約に必要なものや申し込み方法を知りたい方はハローストレージの契約まとめの記事をご覧ください。割引が適用されるネット申し込みの方法について解説しています。

バイク保管のメリットを書いた記事もあるのでよかったら参考にどうぞ。

コンさん

トランクルームにバイクを保管するメリットとは?コンテナ選びのポイントも解説!

おすすめのトランクルーム

キュラーズ
【設備、セキュリティがしっかり】

短期利用がおトク

手数料、管理費、解約費、保険料0円

〇見学無料・即日利用OK!

〇空調除湿完備(湿度60%以下)

△全国的に店舗が少なめ

ハローストレージ
【物件数No.1、大手で安心!】

屋外コンテナの定番

先着〇名の限定割引あり

〇物件数No.1で郊外にも強い

〇屋内型、屋外型、バイクコンテナがある

△1年ごとに更新料がかかる(月額料の0.5ヶ月分)

サマリーポケット
【気軽に使える宅配型】

スマホで荷物を管理

初期費用0円の宅配型トランクルーム

〇段ボールに詰めて送るだけ

〇クリーニング、ハンガー保管など多彩なオプション

△大きい荷物を預けられない